ようこそ、セタガヤ・クォドリベットです!

次回演奏会に向けて: 2019-07-17

 

2020年1月の第5回演奏会のチラシです。

バッハがライプツィヒ聖トーマス教会のカントールになる前後のカンタータを中心に4曲、
そしてモテットも1曲加えた充実のプログラムで臨みます。どうぞご期待下さい!

チケットは Q?[contact] のページからお申し込みを。

 

それでは簡単に演目の紹介を・・・

Du wahrer Gott und Davids Sohn

カンタータ23番《汝まことの神にしてダビデの子よ》

バッハがトーマス教会のカントールになるために採用試験として1723年に演奏したのがこの23番と22番のカンタータです。エルサレムに向かう道中、ジェリコの近くで2人の男が「ダビデの子よ、憐れんでください」とイエスに助けを求め、盲目を治してもらう逸話(マタイ伝9:27)に絡めて、奇蹟を讃えるカンタータとなっています。

この作品がライプツィヒの評議員を満足させたのはもちろんですが、実はバッハはカントールの最優先候補ではなく、他候補の辞退もあって道が開けたようです。

第4曲のコラール"Christe, du Lamm Gottes"はミサ曲の締め括りAgnus Deiと同様に、"Dona nobis pacem"をドイツ語で歌います。このコラールは試験本番に向けてあとから追加されたもので、ヨハネ受難曲第2稿の終曲にも使われていることから、バッハにとっては「ここぞという時の決めのコラール」なのでしょうか。

                              (2019/7/20)

 

 

Die Elenden sollen essen

カンタータ75番《貧しき者は食を得て満たされ》

採用試験に合格して、ライプツィヒでの初仕事として演奏したのがこの75番です。

教会暦が始まる三位一体節礼拝での説教を間に挟んで全14曲[B+A+C+Hのシンボル数]、明らかにこの曲に賭けたバッハの意気込みが感じられるカンタータです。

荘厳なフランス風序曲が始まると哀感あふれる合唱に引き継がれ、4曲のアリアはTのポロネーズ、Sのメヌエット、Aのパスピエ、Bのジーグと多彩です。

題材は詩篇22:26「貧しき者は喰らいて満たされ、主を尋ね求める者は主を褒め讃えん」から取られています。詩篇22はメシア詩篇とも呼ばれ、キリストの十字架預言と重なる内容が多い、最も有名な詩篇とか。

                                                                                                                          (2019/8/02)

 

 

 


Schauet doch und sehet ob irgendein Schmerz sei

カンタータ46番《心して見よ、我を襲いしこの痛みに》

哀歌1:12のテキストからエルサレム陥落の物語を題材とする46番は充実感のある素晴らしいカンタータです。

冒頭の合唱は聞き覚えのある旋律で、まさにロ短調ミサ曲のQui Tollisの元歌です。バスとアルトそれぞれのアリアが一層輪をかけて見事で、青木先生も「実は一番好きな曲」のようですから乞うご期待。但しあのGardinerですら、「このカンタータを歌った後は精根尽きる気分」と漏らすほどですから、難局です。 

 

                                                                                                                          (2019/8/15)

                                                                                                                      

 

 

 


Der Herr denket an uns

カンタータ196番《主は我らを御心に留めたまえり》

 

バッハとマリア・バルバラが結婚式を挙げたドルンハイム村の小さなTraukirche教会[写真]。そこで6ヶ月後に親友シュタウバーの結婚式が行われることになり、バッハはカンタータの新曲をプレゼントしようと考えた。これが196番にまつわる逸話ですが、真偽のほどは明らかではありません。

弦楽のシンフォニアで始まり、全編優しく明るい気分にしてくれるカンタータです。歌詞は詩篇115章から選ばれています。

                                                                                                                          (2019/8/23)

  

 

 


Ich lasse dich nicht, du segnest mich denn

モテット《我を祝福せずば、汝を放さず》

創世記32章、夜を徹して神と決着のつかない取っ組み合いを続けるヤコブ。閉口した神が「もう行かないと」と言うのを遮って、この曲のタイトルで応えるのです。 実はヤコブは兄を騙して父から『神の祝福』を相続したものの、身の危険から母方の叔父の元に逃げ込んで20年、兄との和解に向かう前夜のことでした。このストーリーの詳細は創世記もしくは「Bible Learning - 神とレスリングをした男」その他、ネットにも色々載っていますのでご参考に。

長く叔父のヨハン・クリストフの作品とされていたモテットですが、近年J.S.バッハの作品として評価されるようになりました。2部合唱とフーガ、シンプルで、その美しさは類を見ないほどです。

                           (2019/9/01)